エトワールコラム

第2回 「嫌いじゃなかった、実は好きだった?!」 

 

私は緑色が好き、大好きです。
当社のロゴも緑色使ってます。

今は緑色が「好き」と言えますが、
以前私は緑色が「嫌い」だと思っていました。 


10代の頃、そのとき買った緑色の服が似合わなかったからです。
誰からも何も言われていないけど自分がそう感じたのです。

…、私は緑色が嫌い。

しばらくずーっとそう思い込んでいました。
私は緑色が嫌いなのだと。


 

   あるとき、ふと自分の身の回りのモノを見渡したときに、
   緑色のモノがとても多いことに気づきました。
   文房具もキッチン用品もブックカバーも
   帽子もスカーフも、みんな緑色。

   知らず知らずのうちに緑色のモノを選んでいたのです。
   もちろんそれらが気に入っているからです。

   考えてみれば、緑色といっても、いろいろな緑色が
   ありますよね。黄緑だったり、深緑だったり。

 

 

           …えっ、私ってもしかして緑色好きなの? 嫌いじゃなかったの?あれれ??

 

そして、思いました。
 

そうか、私は緑色が嫌いじゃなかったんだ。
実は好きなんだ!

以前洋服が自分に似合っていないと感じたから
緑色は自分に合わないから、だから嫌いだと
思い込んでいただけだったんだ。  50100196712.jpg                    

最近緑色の洋服も買ってよく着ていますが、
自分でも気に入っているし、皆さんにとても
似合っていると言ってもらえます。                                  

「私は緑色が嫌い」と思い込んでいたんですね。
でも実際は身の回りは緑色であふれ、大好きだった。

嫌いだと思っているものも、実は好きなのかもしれない。
日頃の行動や身の回りのモノなど、
事実をあらためて客観的に見たときに
それが「思い込み」だと気づくかもしれません。

今日の一言(一言じゃない?!)
『邪魔な思い込みは捨てて、事実を素直に受け取ったとき、
「好き」が発見できる瞬間に立ち会える』 

エトワールコラム、次回もお楽しみに☆

 

コラムの更新時にはエトワールレターにてお知らせいたします。
右上の登録欄からご購読をお待ちしています。