「コミュニケーション力アップ!~はじめてのコーチング~」
 講座の第5回目を実施しました。
 
今回のテーマは「コーチングでコミュニケーションをしてみよう」です。

さて、今回皆さんにコーチングしてもらったテーマはこれ。

今まで講座で学んだことを今後どう活かしていき、
1年後どんなコミュニケーションが取れるようになっていたいか?

最終回でもあるし、今まで学んだことをおさらいし、そもそも講座に参加した理由も改めて思い出しながら、
現状把握し、今後に活かしていただくことを意図としてテーマを決めました。

テーマを言われても、すぐにピンとくる方もいればそうでない方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
私はこういうときすぐに答えられないタイプです(笑)

なのでそういう方の気持ちはとてもよくわかるので、少し考える時間を取りました。

第5回4.jpg

皆さん真剣に考えている様子が伝わってきますねぇ。

いろんなスキルやコーチングマインドを学んでも、じゃあ実際どうやって実践するのかは
やはりやってみないとわからないですよね。
「どういう視点で質問を投げかければいいのか?」は一番悩むところだと思います。

皆さんがコーチングする前にデモンストレーションとして、私がコーチをし、お1人クライアントに
なっていただき、5分間コーチングをしました。

第5回2.jpg

皆の前に出て話すことはとても勇気がいる人と思います。
彼は勇気を持って前に出て話してくれました。
そして、その後の感想で「言葉に出すことで自分の思いが整理され、深まった
前に出てきてやってよかった」とおっしゃっていましたね。

こういう姿勢がより深い学びにつながります。
そして、たった5分でもいろいろなことに気づけるものです。

第5回3.jpg

実際コーチ、クライアント、オブザーバーの各々の役を体験しました。
その後気づきを全員にシェアしてもらいました。

やはり多かったのがこれ。
コーチングを意識すると、難しくて何をどうしたらいいのかわからなくなる

その気持ち、すごくよくわかります。
いざ使おうとするとそれに集中してしまって、相手の話をしっかり聞けなくなってしまったりするんですよね。

「スキルを使えるようになったり、使いながらもしっかり相手に集中することはどうしたらできるか?」
については、これはもう訓練でしょう(笑) ←すみません、そんな回答で~。でも真実。

毎回お話するんですが、どんなことでも一朝一夕にできるものではないですよね。
「意識を続けて、そこから学ぶ」を繰り返しているうちに身についていくものです。

皆さんの中からも出てきた意見ですが、「相手に興味関心を持って聞く」ことが一番大事です。
相手に関心を持ち、そこから自然に出てきたことを聞けば、それが「質問」になり、
そこにいる相手を認める言葉を伝えたらそれは「承認」になります。

相手に興味関心を持つ」ことから始まり、それが全てだと思います。
いろいろ考えて難しくなってわからなくなったときはそんな原点に戻られることをオススメします。

全5回の講座はあーっという間でしたが、皆さんのコミュニケーション力アップにお役に立てれば本望ですね。

皆さんがアンケートでとても素敵なことを書いて下さったのでご紹介します。

それは、次に続く~(笑)