「コミュニケーション力アップ!~はじめてのコーチング~」
 講座の第5回目を実施しました。
 
今回のテーマは「コーチングでコミュニケーションをしてみよう」です。
早いもので、もう最終回!桜が咲いていたと思ったらもう梅雨ですよ~(笑)

今回は第1回~4回までに学んだことを全て使ってコーチングを実践します。
実際行う前に、第1回目にさらーっと学んだコーチングフローについてもおさらいしました。

第5回1.jpg


コーチングフローはコーチングの始まりから終わりまでの一連の流れのことです。
今回もざっくりと説明しました。流れは1→4へと進みます。

1.テーマ    どんなことを達成(解決)したいですか?

2.現状把握  今、できていることは何ですか?

3.ギャップ   何があれば達成(解決)できそうですか?

4.行動     ここまで話してやろうと思ったことは何ですか?

これは基本的なフローですが、必ずしも機能するとは限りません。

テーマについて明確でないときはずっとテーマについて扱うときもあれば、
先に現状把握してからテーマに戻るときもあります。
短い時間で行動まで行き着かないこともあるでしょう。

その時々、相手、状況によってどんな流れで進むのかはわかりませんが、
フローを知っておくことでスムーズに流れる場合があります。

そして、コーチングを実践する前にこんなことも説明しました。

それは過去や原因を追求しすぎないことです。例えばこんな感じで。

テーマ:ダイエットしたい 

  なんでうまくいかないんですか?
  なんでだめなの?
  どこがダメだった?

こうするとダメなところばかりに目が向いてしまい、自己否定に陥りがちです。
未来や肯定的なこと、既に達成しているところに目を向けましょう。

  やせるとどんないいことがあるんですか?
  どうやったらうまくいくと思う?

「そもそもなんでそうしたいんですか?」という原点を問うような視点もいいですよね。

以上の点をおさらいしてコーチングの実践に入っていきました。
さて、どんなテーマで実践したんでしょうか?

それは、後半に続く~★