「コミュニケーション力アップ!~はじめてのコーチング~」
 講座の第4回目を実施しました。
 
今回のテーマ:信頼関係を築く「承認」です。

第4回目後半1.jpg

さて、承認の中には「賞賛」もあります。
「すごいね~!」っていうのですね。

承認と賞賛は何が違うのか?

承認は相手の変化や成果、成長に気づいてそれを伝えますが、
賞賛はそれプラス「評価」が加わります。

これは相手や状況によっては受け取りにくいものに
なる可能性があります。

承認:「髪型変えたね~」
賞賛:「髪型変えて、素敵だね~」

褒め言葉があまり好きではない方や
あまり面識がない方の場合、

「どこが~?!」
「この人本当にそう思ってる?!」
「嘘くさくない?」
「あんたに言われたくないよ!?」

などと思われてしまう場合もあります。
しかし、客観的事実なら、紛れもないことなので
すんなり受け入れられることが多いです。

承認の伝え方としてYOUメッセージ・Iメッセージ
についてもお伝えしましたが、これも上記のような
注意が必要ですね。

YOUメッセージIメッセージについては以前に
レポートを書きましたのでそちらをご覧いただけると
嬉しいです。

具体的には承認を伝える際はこんなステップを
踏むといいでしょう。

1.相手をよく観察して事実を知る。
2.言葉にして伝える。
(このとき誰かと比較すると「評価」になって
 相手が受け取りにくくなる可能性があるので注意)
3.相手がどう受け取ったかを観察する。

ワークでは4人1組になって1人ずつ「好きなこと」を
語ってもらい、承認の練習をしました。

第4回目後半2.jpg

承認されるとやはり嬉しくて皆さんの顔が笑顔に
なっていました。

そして皆さんよーく相手を見て聞いているのが
伝わってきました。
質問するにしても承認にしても、相手を観察するのは
基本ですよね!

お互いに承認しされることで、感動や喜びをシェアして
より信頼感を増していっている感じがしました。

私はコーチングの中でもこの「承認」が大好きです。
「相手の存在そのものを認める」関わり方で
不安は解消され、前に進んでいくエネルギーが
生まれます。
そんな人間関係は平和だし、創造性がありますよね。