「コミュニケーション力アップ!~はじめてのコーチング~」
 講座の第3回目を実施しました。
 
今回のテーマ:会話が弾むための「質問」です。

後半は「チャンク」という考え方について
お伝えしました。

チャンクとは塊という意味です。

チャンクダウンでは具体的に聞いていきます。

例えば、こんなふうに。

レディーガガのライブに行って楽しかったです。

ライブの何が楽しかったですか?

歌やダンスが生でみれて楽しかったです。

歌やダンスが生でみれたことで、何がよかったですか?

迫力を感じ、見たことのない新しいパフォーマンスにふれられたことです。

理由が明確になったり、行動レベルまでチャンクを
細かくしていくので行動に移しやすい利点があります。

さて、具体的で細かい情報ばかりだと時に全体としてのイメージや
目的を失うので、そこではチャンクアップをします。

例えば、目先の情報ばかりにとらわれてしまうとき。

そもそもあなたの目的はなんですか?

という質問は有効です。

情報が多過ぎるとき。

全体をまとめて一言で言い表すと何と言えるでしょう?

シンプルな言葉で言い表すことができますね。

チャンクアップは本人が気づかない視点を気づかせたり、
行き先を再確認するには有効です。

どちらがいい悪いということではなく、目的を持ってチャンクを
自由に行き来できるようにすることが大切です。

その他のスキルでは、「数値化する」「提案する」も
お伝えしました。また今度このレポートに書きますね。

第3回.jpg

ワークはまたまた盛り上がりましたよ。
写真はハートがいっぱいで表情がわかりませんが~(^。^;)
4人1組になって質問の練習をしました。

「どうしたら上手に質問できるようになりますか?」
という質問はとても多いですが、やっぱり練習することですよね。

今はどういうスキルを使えたかな?と意識すること。

そしてそもそもすごく大切なことは「相手に関心を持って、よーく聞くこと」です。
これがないと質問できませんからね。

次回は「信頼関係を築く『承認』」です。楽しみですね~。