これは度々ご質問されることで、色々な解釈
がありますが、一般的に言われることに加え
私の解釈として書いてみますね
 
コーチやコンサルタントをお雇いになる際の
参考にして頂くといいかと思います
 
コーチもコンサルタントもクライアントを
サポートする存在に変わりませんが、その
手法に違いがあります
 
コンサルタントはいわゆる「先生」です
 
経営、イメージなど○○コンサルタントと
呼ばれる方は世の中に沢山おられます
 
それぞれの分野での「解決法」を独自に持ち
それをクライアントに伝授します
 
その方法でクライアントが各々の課題に取り
組み、アドバイスを行います
 
コーチは、「先生」ではありません
 
各々の得意な専門分野や対象はありますよ
 
しかし、コーチ自身の方法を教え、基本
その通りに行動してもらい、アドバイスを
するという役割ではありません
 
コーチは対話を通して、クライアントの
目標達成をサポートします
 
具体的な例で説明してみます
 
例えば、経営分野のコーチとコンサルタント
でいうと、、、
 
売上を上げるというクライアントの課題に
対して、その課題をヒアリングするところ
までは同じ。その後、、、
 
ノウハウを教え、その通りに行動してもらい
アドバイスしていくのが「コンサルタント」
 
質問やフィードバックにより、クライアント
本人が新しい気づきを得て、ご自身で行動を
決めるように導くのが「コーチ」、です
 
コーチは方法を教える人ではありません
 
フィードバックはアドバイスではありません
 
コーチングでは「相手の可能性を引き出す事」
が肝心でそのためにクライアントの「自発性」
が非常に大事、対話により自発性を促します
 
そしてクライアントの目標達成のため、行動
が起きるようにサポートします
 
コーチが、コーチ自身が考える方法をクライ
アントに話す時は「提案」という形を取ります
 
以上から、ざっくり言ってしまうと
 
答えが欲しければ、コンサルタント
 
自分で考えたかったら、コーチ
をお雇いになるといいのではと思います
 
自分で決めて行動していくためのサポートを
コーチがします
 
コンサルタント兼コーチのような方も世の中
にはいらっしゃいますが、そういう方は基本
コンサルタント色が強い方が多く感じます
 
コンサルタントとコーチと両方お雇いの方も
いらっしゃいます、使い分けされていますね
 
世の中には「コーチング」といっても沢山違う
手法がありますし、コーチも色々います
 
ちなみに、国際コーチ連盟の定めるコーチの
倫理規定でのコーチングの定義は以下です
 
コーチングは、クライアントの生活と仕事に
おける可能性を最大限に発揮することを目指
し、創造的で刺激的なプロセスを通じ、クラ
イアントに行動を起こさせるクライアントと
の提携関係を指します
 
何やら難しく感じる方もおられるでしょー笑
 
コーチングにとって大事なことは、
 
クライアント自身の可能性を最大限活かす事
 
傾聴・質問・承認・フィードバックのような
コーチング技術により、「創造的で刺激的」な
対話を行うこと
 
対話によって、自発的に行動が起きること
 
です^^
 
この対話方法は日常のコミュニケーションに
も活かすことができるので、それで人間関係
をよくするためコーチングが使えるという事
になって紹介されているのですね
 
コーチとコンサルタント、カウンセラーの
違いは講座でも説明しますが、よくある質問
なのでこちらでも書いてみました
 
個人的には、基本人と人の話だから「相性」も
あると思います
 
コーチング全然役に立たなかった!という方
も、別のコーチのコーチング受けられると
いいと思います。講座もしかりです。
 
コーチによってコーチング方法が全然違い
ますし、ご自身の「コーチング」や「コーチ」の
定義の捉え方により、違うものだからです
 
2017/05/13
Category│