自分と相手の「よかれ」は必ずしも一致しない 

 

これはきっと相手が喜ぶだろう♪

と思ってやったことで、相手を傷つけたり
怒らせてしまったことはないですか?

「なんで~?これこんなにいいのに!」と自分は思うし、
もちろん悪意があってのことではないので、
相手が何でそうなるのか余計にわからない。
 

コミュニケーションは双方向で成り立つものです。


コーチングでも双方向(インタラクティブ)は
基本として大切にしています。

コミュニケーションはこちらから投げたボールを
相手が受け取れて初めて成り立ちます。

例えこちらがいいと思っても、相手がそれを望むとは限らない。

自分が思うような反応がなかった場合、自分が受け取れない
ボールを投げてしまった可能性を疑ってみて、相手の準備が
できていることを確認せずに投げた自分を振り返ってみることを
おススメします。

これ、日常生活でよくあることです。

よかれと思っているのは自分だけで相手を
困らせたりしている可能性もあるのです。
 

自分が思うような反応が返ってこなかったことはありますか?
 

相手の状況、性格、価値観など、相手の存在を十分に考えて、
自分の考えや行動を振り返ってみましょう。 

 

★アイデアやご感想・ご意見・ご質問お待ちしています。
  一緒に考えましょう☆

  一緒に考えたいテーマも募集しています。

 

 

 

2011/12/25
Category│