自己コントロールできたわけ 


お正月三が日が明けましたね。

この年末年始はいつもと変わらないペースでレポートも書いていたせいか、
特にいつもと変わらずな毎日を送っていた気がします。

もちろん、大掃除したりおせち買いに行ったりお墓参りしたりなど、
年末年始の行事はあるけど、それはそれでマイペースに進んでいきました。

以前の年末年始の過ごし方と言えば…

年末は慌ただしくて、御用納めが終わったら
掃除に、買い物に、大晦日まで一気に進んで。

年始は打って変ってゆるりと時が過ぎ、食って寝てテレビ見て、
初詣やお墓参りして気づいたら体重増加し、もう仕事始めでした。

今年は毎日起きる時間も決めていたし、毎日必ずやることも決めていたし、
年末年始だからって特別に自分のリズムを変えませんでした。

これ、心理的にものすごくいいです。
自分で自分をコントロールする感覚。

環境や人などに影響されるのではなく、
自ら選択して、自分の選択を大事にする。

このようなセルフオーガナイズ(自己管理)がうまくいくようになると、
余裕が生まれます。

余裕がエネルギーを生み、自分を自分でいい方向に導いていくんだと思います。
 

なぜ今回の年末年始をセルフオーガナイズできたのか?

これは年末年始にレポートでも書いた
自分の存在への問い」がそうさせた気がします。

「そんな人間でいるためにはこんな良い習慣を作ろう」
という意識が芽生えたことにより、私の行動が変わっていきました。

自分は何者なのか」という問いがいかに大切で影響力があるか。

小手先ではない、本質的な質問の威力を感じました。 

 

★アイデアやご感想・ご意見・ご質問お待ちしています。
  一緒に考えましょう☆

  一緒に考えたいテーマも募集しています。 

 

2012/01/04
Category│