他人との比較を有効に使う 

 

あの人に比べて私なんて…
彼はこんなに認められている!おかしい…」

など、他人と比較して落ち込むことはよくあることですね。
私ももれなくその1人です。

「いいな~あの人は…」って他人と比較しても
いいことなんて何もない…。

そんなことないんですよ!

他人と比較することで、自分を知るヒントが得られます

ライバルや友人の特徴を書いてみる。

この人はどういう言葉を大切にしている?
この人は何色をよく使っている?
この人は何が強みで何が弱み?
この人から受ける印象を一言で言い表すと?
この人はどんな友達が多そう?
この人はどういう場所が好きそう?

など。そうして眺めてみると、いかに自分と違うかがよくわかる。
もちろん同じところもあるかもしれないけど。

そして今度自分に対して同じ質問をしてみて
同じように特徴を書いてみて下さい。

最初に自分についてだけの特徴を書いてみるときよりも
随分楽に答えられるんじゃないでしょうか?

沢山の人と比較してみて、自分らしさを探していくのも
1つの方法としてアリだと思います。

そして、

「あの人に比べて私なんて…、私なんて素敵じゃない!
「彼はこんなに認められている!おかしい…、いやおかしくもないけど
 自分はこんなところを大事にしていったらいいんじゃないか?!

ってただ凹んでいるより、「比較」にだってずっといいことありますよ! 

 

★アイデアやご感想・ご意見・ご質問お待ちしています。
  一緒に考えましょう☆

  一緒に考えたいテーマも募集しています。

 

 

2012/01/07
Category│