愛すべき沈黙 


コーチングで「沈黙」はすごく大切です。
しかし、「沈黙」が苦手な人はとても多いですね。

こちらから何か質問を投げかけて、相手が答えるまでの間に
「…」としばらくの間沈黙になるときってありますよね。

「沈黙になっちゃった、どうしよう~!?」と慌ててとりあえず
何かしゃべってその間を埋めてしまいたくなるとき。

そこは愛を持って待ちましょう。

この「間(ま)」は大変重要だからです。

この時間の余裕で相手は考えを巡らせています。
そこを言葉で埋めてしまうと、相手が考えを巡らす時間を奪い、
自ら発しようとしているエネルギーを奪うことになります。

「沈黙が怖い」場合、

「(自分が)何か変なことを言ってしまっただろうか?」
「(自分が)相手を傷つけてしまっただろうか?」

という自分に対する不安に意識が向いているときだと思います。

相手の「沈黙を破る力」を信じて温かく見守りましょう。
そういう思いでいると、沈黙が心地よくなってきます。
2人のための大切な時間なんだって思えるようになりますよ。 


 

★アイデアやご感想・ご意見・ご質問お待ちしています。
  一緒に考えましょう☆

  一緒に考えたいテーマも募集しています。

 

 

 

 

 

2012/01/13
Category│