誰もが既に使っている 

 

コーチングスキル(聞く・質問・承認など)って、
これまでの人生での人間関係にて、
既に人々が取り入れているものだったりする。

人間関係の中で、その対話を観察すると、
「これはコーチングスキルだな!」と思うものは
「コーチング」を意識しない普通の会話の中にも沢山あるんですよね。

相手に合わせてうなづく。
人の話を最後まで聞く。
相手の変化に気づいて伝える。
興味をもって質問する。

ほかにもたーくさんありますよねぇ。

あえて「コーチング」って言葉にすると、「知らないな」「難しそう」って
なってしまったりするけど、みんな普段やってることなんですねぇ。

コーチングスキルは、人間関係の中でよりうまくいった
事例を誰にでも使えるようにスキルとして体系化したもの。

もう既に私たちの中にあるものなら、何をいまさら勉強するのかって?

無意識的にではなく、意識的に取り入れ、使い分けられる。
それによって、その人その人やその場その場での
個別対応な対話を、学習すれば誰でも、可能になる。 

 

★アイデアやご感想・ご意見・ご質問お待ちしています。
  一緒に考えましょう☆

  一緒に考えたいテーマも募集しています。

 

2012/03/05
Category│