プラスの眼鏡で人を見る 

 

GWに突入しましたね!
GW初日はマイオフィスでもあるコーチングステーション
の1周年記念でした。

そこに㈱ソリューションフォーカスの青木安輝さんが
ゲストスピーカーとしていらっしゃいました。

ソリューションフォーカス(解決志向)は問題ではなく
「解決」に焦点をあてるという手法です。

人の問題点ではなく、良いところや可能性に焦点を
当てているところはとてもコーチング的ですよね。

セミナーの中で「プラスの眼鏡で人を見る」
というワークがありました。

プラスの眼鏡をかけているときは下記のことが起こります。

良いところしか見えない
好意的に解釈できる
まだ見えていない良いところが映る

「プラスの眼鏡をかけているときはこんなものが見えるんだ」
という意識で相手に接すると、嫌なところではなく、いいところに
目が向いて、その人のことが好きになったり、広がる。

そんな体験をすることができました。

プラスの眼鏡として安輝さんが本当にこんな眼鏡を持ってきて
いらっしゃいました。
 

プラスの眼鏡着用中.jpg


私、プラスの眼鏡を着用中です♫
プラスの眼鏡をイメージしやすくないですか?

人と最初に出会うとき、はたまた何となく苦手な人と話す
ときなど、この眼鏡をかけているつもりで相手と接してみるのです。

その眼鏡をかけていればいいところしかみえないんです。

この眼鏡をかけて人を見るとき、自分自身のこともいいところ
しか見えないということも意識するといいと思います。

全てがいいところだけ見える。
いろんなことが解決しそうですね~!
 

 

★アイデアやご感想・ご意見・ご質問お待ちしています。
  一緒に考えましょう☆

  一緒に考えたいテーマも募集しています。

 

 

 

 

2012/04/29
Category│