コーチングの三大スキルといわれる「質問」

「質問」についてお伝えしているとよく感想が


思い浮かばない~


何を聴いていいか、わからない


というもの


「質問」を考えるにあたり、そもそも凄く
大事にしてほしいことがあります


それは、「相手に興味・関心をもつこと」


それも、凄く、興味・関心をもつこと(笑)

 

これ、ほんとーーーーーーーーーっに大事!

 

相手の話を聞いて、「ふーん」・・・以上
「そんなことあるよねー」…以上


残念ながら、そこから何の展開も望めません


では、凄く!興味・関心をもつには
どんなことが試せるのか?

 

O6X41Y01.jpg

Designed by Freepik

 

まずはハウトゥー的なことからお伝えします

 

「誰・どこ・いつ・何・何故・どう」という
5W1Hを全て当てはめてみます

 

彼女は誰と一緒にいたい?
彼女はどこに行きたい?

といった具合に。

 

あなたはお気づきかもしれませんが、
「結び」を変えることでさらなる
バリエーションが生まれますね

 

「~たい」という願望の部分を固定して
5W1Hを変えてまず質問をつくる

 

その後、過去現在未来と時間軸を
変えて質問を作ることもできますね

「~した」「~する」「~だろう」


ハウトゥー的なことはもっとあります

 

しかし、エトワールコーチング的にもう少し
深い部分で「どうしたら相手に興味・関心が
持てるようになるのか?」を考えてみます

 

相手に興味関心はなくても、自分に興味関心
がある人はたーーーーーーーーくさんいます

 

そこで思いだしたいのは「相手は私」と自分事
として捉えることです

 

分離を選ばずに「ひとつの心」を選ぶことです

 

どんなことを相手は聞いてほしいだろう?
自分ならどんなことを話したいだろう?

自分の興味関心のある○○は、相手の興味
関心のある○○と同じ位の熱を持ってたと
したら、、?


試してみて下さい


相手を思う心はかならず伝わりますから

逆も然り、ただスキルだけを追って相手に
質問しても、心開きませんからねー

 

質問ってまずは「あなたに興味関心があるよ」
という意思表示ですよね

 

そうして相手とひとつでいることで、相手の
可能性を引き出すというコーチング技術が
生きるんだと思います


質問をしても相手から反応が得られないと
困るような時は、スキルを見直すよりも
まずは自分自身がワークすることが先です

 

だって、相手は自分の投影なのですから!

 


エトワールコーチングでは、何をするにも
大事なベースである心について、その正しい
使い方に導きます。

 

ハッピーな結果はハッピーな心からしか
生まれない。

 

ハッピーな心があれば、結果に執着しなく
なる。

 

エトワールコーチングにトライしませんか?

 

★エトワールコーチング★
http://www.coaching-etoile.com/coaching2
3月末までキャンペーン中♪
http://www.coaching-etoile.com/news/archives/42

 

☆コーチング経験者は岐阜コーチング倶楽部
 に参加しませんか?

2月28日18時45分~ 岐阜駅近く
http://www.coaching-etoile.com/news/archives/43

 

☆まずはコーチングのベースを学ぼう

4月期 NHK文化センター岐阜教室
https://www.nhk-cul.co.jp/school/gifu/


エトワールコーチングはコーチングに加え
ACIMをベースに創っています。

 

人は何故、嫌なのに恐れや分離、罪悪感を
繰返し選んでしまうのか?

 

もっともっと深い原因を知りたい方は
ACIMを読書されたり、TruthというWSに
参加されることをおススメします☆

ACIM
http://www.jacim.com/acim/

Truth(ACIMをベースにしたWS)
https://www.facebook.com/events/203772543362833/

2017/02/17
Category│